さいきんの家庭用3Dプリンタ事情しらべ(5万円以下)

3Dプリンタを買い替えたくなったのでいろいろ調べた。購入検討段階なのでネット調査のみでの比較。他によい機種がある場合は教えてください。

背景

いま自宅の3Dプリンタは2代目で、2年前に購入したJGAURORA A3という機種を使っている。(そのまえはクラウドファンディングで買ったおもちゃっぽいやつ

これはこれでとてもいい製品なのだけど、最近いろいろ難を感じており買い替え機運が高まってきた。

  • 冬場にABS(高温を必要とする樹脂)を出力すると、出力物が冷めて失敗する(ヒートベッド周辺はいいけど上の方が冷えてしまうので)
    • →解放タイプではなくケースに入ったものの方が保温が効いてよさそう
  • キットで自作するタイプの製品なのでどうしても精度が低い気がする
    • →他と比べたわけではないので気のせいかもしれないけど…

精度に関しては同機種でもゴリゴリに改造しまくって精度上げてる人もいるんだけど、自分はそこまで詰めていく余力がない。
たしかに自作系はいろいろチューンナップできる良さがあって、自分もオートレベリング付けたりはしていて、愛機をカスタムしていく楽しさはすごくある。ヤンキーが車いじりする楽しさがなんとなくわかった。
しかしながら普通にツールとして使いたいときにコンディションが悪いことがあるのがストレスになっていて、自分のニーズとしてはそういうハック路線ではなくて普通に家電っぽく安定して使えるのがいいと思った。

ちなみに自作キットの中で選ぶならJGAURORA A3はいいと思う。自作は構造や仕組みが全部わかるので、興味があれば1回経験しておいて損はない。

条件

予算:できれば5万以下、多少オーバーはやむなし

材料:PLA、ABS両対応(プラスチックケースのツメみたいな、弾性の必要なものにPLAは不向き)

プリントサイズ:各辺15cm以上(最近よく見かけるミニ3Dプリンタは不可)

その他

  • キットでない、完成版で届くもの。
  • Amazon.co.jpで購入できるもの優先(ギフト券がたまっているので)
  • 2017年以降発売(今の機種より新しい=技術的に成熟していると期待)
  • ステージや出力部がむきだしでなく、ケース(エンクロージャ?)に覆われてるやつ(保温のため)

調べたこと

メジャーなブランドだとUltimakerとかMakerBotとかXYZ PRINTING(ダヴィンチ)あたりはよくきくけど、この辺は予算オーバーなので除外。おのずと中国メーカーに絞られる。

Geetech

GIANTARM Me Creator 2

Geetechは自作キットでけっこうよく聞くメーカー。Me Creator 2はその唯一の組み立て済みモデル。
各種レビューサイト等でもかなり高いスコアをたたき出していていい感じ。オートレベリングなし、キャラクタ液晶(画像じゃなくて文字が出るやつ)つき。いま使ってるJGAURORA A3の未カスタム状態に近い。発売が2017年の夏ごろで、機能的には当時の標準という感じ。ここがちょっと物足りないかなーという思いはある。
Amazon価格は¥49,999。
※追記:ごめんよく見たらこれケースのない機種だった…

QIDI TECH

ここは完成品専門のメーカーで、昔はMakerBotのコピー品を作っていたんだけど最近独自路線を取り始めて好調、というのをどこかのサイトのレビューで読んだ。
低価格帯の機種はいま新旧機種の入れ替え時期で、まず古い方はx-smartというやつ

で、これはDPZの松本さんが使っててかなりいい感じに見える。一度見せてもらったんだけど、オートレベリングないらしいものの調整は簡単っぽかったり、何より記事等で出力物をたくさん見ているので安心感がある。Amazonの最終価格が¥44,900。

で、その後継機がX-makerというやつで、これはネット上の情報はムービーがFacebookに上がっているのみ、販売ルートもAlibabaと、楽天のみという状況。
www.facebook.com
スペック的にも謎で、いま判明しているところだと、出力後の自動電源OFFがついている。それ以外ぜんぶ謎だけど、上位機種含めてとにかくメーカー自体の評判がいい感じなので期待している。価格はAlibabaが499ドルなのでAmazonだと6万中盤くらいになるかな。現行買えるルートだと、楽天は3Dプリンタ全般に高い傾向があるけど、この機種の68,600円はそんなに悪い値段ではないかもしれない。X-smartとの性能差で2万強の価値があるかどうか、詳細が待たれる。

メーカーに直接問い合わせたところX-makerは近いうちにAmazon.co.jpに登録予定とのこと。仕様についても聞いてみたけど、言葉の壁のせいか「見た目と機能が良くなってるよ!」という曖昧な回答しか得られなかった。

あとは、予算オーバーだけど上位シリーズのQIDI TECH1も¥ 59,900で出ている。

これはデュアルエクストルーダ(樹脂を出す口が2つついてて、2色のものを出力したりできる)が魅力なんだけど、X-proという現行機種のさらに一世代前なのでちょっと古い。2016年ごろ発売。

FlashForge

最近頭角を現してきたQIDIに比べるとFlashForgeは老舗という感じではないでしょうか。去年の夏に出たAdventurer3がとにかくいい感じ。

このランクではここ3年ほどずっとFinderという機種が定番扱いだったところに、満を持して登場した新機種。今のところ直販のみで¥64,600。ちょっと予算オーバーだけど、フィラメント切れで自動停止→交換後に再開できる機能がついていたり、カメラ付きで出力状況をネット越しで見られたりと、意欲的な新機能がついていて惹かれる。Twitterで #adventurer3 ハッシュタグを見ていると、出力品質もかなり良さそう。海外サイトのレビューでも好評。
個人的にはこれがAmazonで出てくれると一番いいんだけど、メーカーに問い合わせたところ、現在予定はないとのことだった。別の機種はAmazonにも出ているので、すぐじゃなくてもそのうち出るかも。

ちなみに家庭用3Dプリンタのおすすめ記事とか見てると旧機種の方のFinderがよく勧められてるけど、こっちはケースなしだし、Adventurer3の登場した今あえてそちらを選択する意味はないのではないかと思う。

あとはデュアルエクストルーダのCreator3というのが3月に出るらしいけど、10万切ることはありえんなという感じです。

海外通販を視野に入れる

これまでAmazonにこだわってきたけど、海外通販を視野に入れると状況が変わってくる。
AliexpressではQIDIの旧機種であるX-smartが¥33,000ほどでかなり安い。
s.click.aliexpress.com

X-makerの方もAlibabaの$499に近い値段で近々出てくるのではないかと思う。
さらに奮発すれば上位の現行機種、デュアルエクストルーダのX-proも¥81,000ほど。
s.click.aliexpress.com

さらに予算オーバーだったFlashForgeのAdventurerも44,000円なので予算内に入ってくる。(ただし送料別途)
s.click.aliexpress.com

結論

とりあえずこの数日調べた感じでは、めぼしい機種は以上でした。
個人的な意見として、急速に進歩している分野なので新しい機種であればあるほどいいと思っていて、その観点から選ぶならX-makerかAdventurer3の2択かな。どちらかがAmazonに出てくるのを待ちつつ、それまで我慢できなくなったらAliexpressで買う所存です。

余談

ここまでFDM(糸状の樹脂を溶かして造形するやつ)前提の話だったけど、光造形式(レジンに光を当てて造形するやつ)も最近安いのが出てきていて、しかもかなり評判がいい。

自分の場合はフィギュアとかの造形をしたいわけではなくてケースとかツールを作りたいので、プリントサイズ重視でFDMにしているけど、精密度重視だったらこちらの選択肢もあると思う。